初期プラトン哲学 - 加藤信朗

初期プラトン哲学 加藤信朗

Add: adulidi17 - Date: 2020-12-07 09:16:22 - Views: 1012 - Clicks: 6883

Pontaポイント使えます! | 初期プラトン哲学 | 加藤信朗 | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!. アテネギリシアの哲学者。アテネの名門に生れ若くしてソクラテスと交わり,最も正義の人と信じてやまなかったソクラテスの不条理な死と,当時の政治情勢に対する失望から哲学の道に入った. 岡崎文明『プロクロスとトマス・アクィナスにおける善と存在者』晃洋書房 1993 1.

古代哲学においてプラトンやアリストテレスの研究が中心であるように,中世哲学においてはアウグスティヌス,トマス・アクィナスの研究が出発点となる.そして原点と,とことんつきあうことが研究のアルファでありオメガであることも古代哲学と同じである.では最近に何を読めばよいのか.まず奨められるのはアウグスティヌスの『告白』である.数多くの日本語訳があるが, 1. 上田閑照『マイスター・エックハルト』人類の知的遺産21 講談社 1983 さて本格的に研究する決心がついたならば,原典と格闘しなければならなくなるのだが,今回は最初にして最大の新プラトン主義者と一般に見なされているプロティノスの研究文献に絞って紹介してみよう. 1. See full list on web. 日本のギリシア哲学研究史に関心のある方には納富信留『理想国の現在』をおすすめします。 プラトン研究・特に翻訳史などがたいへん詳しく書かれています。 単なる一般向けの哲学書の枠を超えて「プラトンに人生をささげた男たちのドキュメンタリー」が味わえます。日曜9時でドラマ化すべきです。. 3 加藤,プラトン――『初期プラトン哲学』,「白鳥の歌序説」などをめぐって(荻原 理) Ⅱ プラトン解釈 4 決定的な時(カイロス)――『ソクラテスの弁明』論をめぐって(田中伸司).

ディオニシオス・アレオパギテース『神名論』,『神秘神学』熊田陽一郎訳 キリスト教神秘主義著作集1 教文館 1992 1. 斎藤忍随『プラトン』講談社学術文庫 1997 3. 加藤 信朗『初期プラトン哲学』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約1件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. ! 納富信留「クリティアス:プラトン政治哲学の原点」 納富信留氏の翻訳で、『ソクラテスの弁明』も読めます。 しかも、amazonの読み放題サー. 加藤信朗(かとう しんろう、1926年11月1日1- )は、日本の哲学者、東京都立大学名誉教授。 人物 東京. IX、 年 ‘The Contrast between Soul and Body in the Analysis of Pleasure in the Philebus’, in John Dillon & Luc Brisson (eds. 1 形態: 277, xivp ; 22cm ISBN:X 著者名: 加藤, 信朗(1926-) 書誌ID: BN注記: 文献: 巻末p11-14. Plotini opera (editio maior=大版),Paris/Bruxelles, I 1951, II 1959, III 1973 今世紀の西洋古典文献学三大業績の一つとも讃えられる,原典の初の本格的校訂本.『エンネアデス』のパラフレーズを含むアラビア語原典『アリストテレスの神学』などのLewisによる英訳を所収する点で,次の小版とは独立の価値を有する. 1.

初期プラトン哲学 ¥ 4,000 (送料:¥198~) 加藤信朗 著 、東京大学出版会 、1989年第2刷 、277, 14p 、22cm. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - プラトンの用語解説 - 生前428/前427. 東京大学出版会, 1988. 第二修正 Schwyzer, Corrigenda ad Plotini textum, Museum Helveticu. 加藤, プラトン : 『初期プラトン哲学』,「白鳥の歌序説」などをめぐって / 荻原理著; 決定的な時 (カイロス) : 『ソクラテスの弁明』論をめぐって / 田中伸司著; 初期プラトンにおける「善悪の知」 : 『カルミデス』・『ラケス』論をめぐって / 野村光義著. 1 形態: 277, xivp ; 22cm 著者名: 加藤, 信朗(1926-) 書誌ID: BNISBN:X.

), Plato’s Philebus: Selected Papers from the Eighth Symposium. ショキ プラトン テツガク. 山田 晶訳『アウグスティヌス 告白』世界の名著14 中央公論社 1968 が読み易いであろう.トマスでは『神学大全』が奨められる.これは膨大な著作であるが,問題ごとに細かく区分されているから,まず興味の持てそうな問題を探してその箇所を拾い読みすればよい.アウグスティヌスの『告白』と違って,主として大学を舞台に論じられていた哲学的問題を体系的に整理することを意図して書かれている.論理を整理し,一語一語の意味を深く理解しながら読み進まなければ,ちょうどデカルトの『方法序説』のように,あまり平板な論理と思われるかもしれない.理解を深めるためには原語のラテン語で読むのが望ましい.幸いに『神学大全』のラテン語は他に類を見ないくらい平明である.二,三日かけて名詞変化,代名詞変化,動詞現在形完了形の三人称の形を覚え,一番安い辞書を手に入れれば八割以上理解できるであろう. 中世哲学が哲学史の中に位置づけられるようになったのは20世紀になってからである.そのため校訂された原典もまだ十分整っていない場合が多い.中世哲学研究の確立に貢献した第一人者はジルソンである.アウグスティヌス,トマスを始めさまざまな分野の標準的な研究を残したが, 1. 田中・水地・田之頭訳『プロティノス ポルピュリオス プロクロス』世界の名著 15 中央公論社 1980 1. 編集・発行 : 日本西洋古典学会 制作・登載者 : 日本西洋古典学会. 納富信留先生は、現役世代で一番熱いギリシア哲学研究者だと思います。 どんな本でも、序文が面白すぎ。 たとえば『ソフィストとは誰か?』(ちくま学芸文庫)という本では 「ソフィストとは自らの存在を隠すことを本領とする。彼らの重大性が隠蔽された現代哲学史はすなわちソフィストの勝利の歴史である」と宣言します! 納富氏については、いつの間にか数記事、当ブログでもご紹介していました。 納富信留氏の大きな業績は、ソフィスト研究です。プラトン『ソフィスト』という作品についての研究書は、国内・海外問わず、納富氏の著作ただ1冊しかありません。 『ソフィストと哲学者の間』という本です。 当時アテナイではソクラテスはソフィストの1人だと思われていました。しかしプラトンは違うと考えました。ソクラテスの死を受け「彼はソフィストではなく、哲学者だ」と。では「ソフィストと哲学者とは、何が違うのか?果たして区別できるのか?」それが『ソフィスト』という作品の問題意識です。 プラトンの『ソフィスト』とは、プラトン全集でいう『ソピステス』のことです。翻訳はこれしかありません(全集3巻)。しかも内容としても、超難しいです。 初期プラトン哲学 - 加藤信朗 とんでもなく難しくて、正直読んでるのはツライです。 読み終わっても「なんだっけなあ」となってしまいます(笑) ゴルギアスやパイドロスみたいに爆笑したり感動したりしながらは読めません。 私なんかでは全く歯が立ちませんが、納富氏の研究書『ソフィストと哲学者の間』が大きな助けになります。分厚いですが、とても面白いです。 もし誰かに「尊敬する人はいますか?」と聞かれたら「ギリシア哲学者の納富信留氏です」だと答えます。「なぜですか?」と聞かれたら「98年に出た『クリティアス:プラトン政治哲学の原点』という論文は、それまで分断していたギリシア哲学と歴史学の研究成果を融合させた傑作だからです」と答えます。 しかもその論文は公開されてます。それまで無根拠に常識化されていたクリティアス=悪人像を決定的に覆しました。そしてタイトルが示す通り、プラトン自身の内面に迫るすごい業績です。「プラトンの政治哲学はクリティアスの屍を乗り越えるべく、ここに始まった」熱すぎる.

戦後の3大英雄:井上忠・加藤信朗・松永雄二の諸先生 まず、井上忠先生と松永雄二先生の著書は激ムズ; 一般には知られにくい本ですが、超天才だと思います。 井上忠先生は、アリストテレス研究が軸ですが、なんといってもパルメニデス研究です。 パルメニデスは詩文で哲学をした人ですが、なんとその序文を七五調で翻訳するという戯れをしています。 レベル高すぎ&分析・解釈のオリジナリティがありすぎて、誰もその後の研究をフォローできない状態です。 唯一、この井上忠『パルメニデス』を解説してくれているのが、以下でも紹介する納富信留氏です。 講談社選書メチエの哲学史シリーズの1章で、井上パルメニデスを紹介しています。 西洋哲学史 1 「ある」の衝撃からはじまる (講談社選書メチエ) 加藤信朗先生は『初期プラトン哲学』というとんでもなく勉強になる研究書を書いてくださいました。 アリストテレス全集で『ニコマコス倫理学』の翻訳を担当しましたが、訳語が独特なのが特徴的。 解釈の多様性やギリシャ語の広がりを学ぶのにもすごく参考になります。 加藤信朗先生の『初期プラトン哲学』は神です。 プラトンの解説書に興味がある方には、とってもおすすめです。 「対話篇の読み方そのもの」をすごく詳しく教えてくれます。 頂いたご感想↑↑ 確かに、ないかもしれませんね。 少なくとも加藤信朗『初期プラトン哲学』ほど面白い本はないと思います。 わたしは図書館で何度も借りてましたが、最終的にamazonで手に入れました(自慢) ということで、自慢↓↓ ついでに自慢↓↓ 松永雄二先生はイメージ的には白羽取りの達人の侍みたいな感じ。プラトン全集の『パイドン』翻訳と注釈はとてつもなく面白いです。あまりにすごすぎて、ほかの翻訳をお勧めできません。 頂いたご感想↑↑ 私も全然専門家じゃないしギリシャ語も全然知らないので、何が違うんだよと言われると、はっきりは分かりません。でもなんか違うんですよね。 松永雄二訳は、日本語として素晴らしいんです。 やわらかいのに正確で、しかも古代ギリシアの異質なニュアンスがしっかり伝わる気がします。 そして『知と不知』という研究書。激ムズですが、パイドン~国家あたりのプラトンの魂論など神すぎて窒息します。 しかも『知と不知』ですが、amazonでも高すぎです。年1月現在で、30000円。 これ. 内在と超越の閾―加藤信朗米寿記念哲学論文集 単行本の通販ならヨドバシカメラの公式サイト「ヨドバシ. 。 登場人物の説がプラトン自身の説であるという保証は、どこにもない。 初期プラトン哲学 / 加藤 信朗【著】〔カトウ/シンロウ〕 - 紀伊國屋書店ウェブストア. 初期プラトン哲学 フォーマット: 図書 責任表示: 加藤信朗著 出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 1988.

加藤信朗(かとう しんろう、1926年 11月1日- )は、日本の哲学者、東京都立大学名誉教授。 人物. この数年間、プラトン後期哲学の諸対話篇を学び、最後に『ピレボス』篇を学んだ。『ピレボス』篇は「倫理学的内容」をおおく含んでいるが、プラトンはこれを「哲学研究」の「一分科」とはしなかった。「倫理学研究」を「哲学研究」の「一分科」とした始めは弟子アリストテレスであり. 日本語で書かれた新プラトン主義への導入の書としては,まず知的刺激に満ちたものを読むことを奨めたい. 1. この書誌へのurl: 所蔵一覧. 1 とくに、加藤信朗『初期プラトン哲学』(東京大学出版会、1988年)、『哲学の道 初 期哲学論集』(創文社、1997年)、松永雄二『知と不知 プラトン哲学研究序説』(東京 大学出版会、1993年)を見られたい。. 勉強の仕方というものはひとそれぞれに適したものがあって,自分で見つけるほかはないというのがわたしの信条であるから,この種の案内は苦手であると言わざるをえない.それでもいやしくも大学の教員の身としては,これもやむをえまい.いま,頭の真新しい一人の学生を仮定するとして,現状の中で彼・彼女は何を読んだらよいのか. 西洋古代哲学に関する限り最善の方法は原典(原文)に,とことんつきあうことである.言うは易し,行うは難し,いまさらなにを,というのが大方の気持ちであろう.しかしそれにはわけがあるから,そう言うのである.年以上にわたって研究され続けている分野であるから,文献の名に値するものはごまんとある.しかし古代哲学の宿命ともいうべきものは解釈を伴わざるをえないことである.間接文献の著名度はその解釈の著名度と等しいと言って過言ではない.ある解釈が一般的だからといって,その解釈が正しいとはかぎらない.新しい解釈が古い解釈より進んでいるとはかぎらない.翻訳,注解のたぐいも例外ではない.だからといって原文が読めるはずもない.八方塞がりである. ではどうすればよいのか.次善の策を考えてみなければならない.しかも彼・彼女にとっつきやすい次善の策を考えてみなければならない.まず,いま言った二点--1.原典にとことんつきあうのが最良の策であること,2.原文(実はそれにも問題があるがここでは触れないでおく)以外のどんな翻訳・参考文献も特定の解釈につきまとわれていること--を頭に叩きこんでおくこと,これが心の準備である.それからいよいよ実行であるが,まず,プラトン,アリストテレスの「さわり」のテキストのアンソロジイ(もちろん日本語訳)を読むことを奨める.これによって概観がおぼろげながらも浮かんでくるだろう. 1. 所属 (過去の研究課題情報に基づく):首都大学東京,都市教養学部,名誉教授, 研究分野:哲学・倫理学,倫理学, キーワード:哲学原論,各論,政治哲学,アジア的視点,プラトン,アリストテレス,『国家』,『法律』,『政治学』,国際研究者交流, 研究課題数:2, 研究成果数:17. Plotini opera(editio minor=小版),OCT,I 1964, II 1977, III 1982 大版の改訂版であり,小型で入手しやすい.したがって,原典テキストとして最初に購入するのならこの版がよい.ただし,次の三段階の修正を施した上で底本に用いること. 1.

哲学の始まりとされているミレトス派の哲学を学ぶ。 第4回:初期自然哲学(2)クセノパネス、ピュタゴラス派、ヘラクレイトス. 田中美知太郎と出隆は、古代ギリシャ語の原典からプラトンアリストテレスの翻訳を完成させた世代です。 それまでは重訳が主。(正確には木村鷹太郎などいますが)。 でも戦前~戦後にかけて、現在のギリシャ哲学研究の礎をきずいたのがこの2人です。 田中美知太郎『ソフィスト』 出隆『アリストテレス哲学入門』 など今でも読まれます。 岩波書店から出ているプラトン全集やアリストテレス全集が完成したのが1970年代でした。 そうした編集の中心人物が、このお二人だったんですね。 間違いなく、この2人を軸にして、戦後のギリシア哲学研究は発展していきました。. ジルソン『中世哲学の精神』上・下 服部英次郎訳 筑摩叢書 1974/75 はキリスト教哲学としての中世哲学の独自性を論じた名著である. 1. 井筒俊彦『大乗起信論の哲学』中央公論社 1992 1. See full list on kotoyumin.

松本正夫『存在論の諸問題--スコラ哲学研究』岩波書店 1967 は,著者とともに哲学する姿勢をもって読むとき多くの知的刺激を与えてくれるであろう. (中川記). 井筒俊彦『神秘哲学』第二部 人文書院 1984 2. 作者プラトンは何処にいるのか、プラトンの哲学は何処にあるのか.

哲学の道 - 初期哲学論集 - 加藤信朗 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお. このブログは、プラトンに関する次元の低い記事ばっかり書いている。 それでももし「プラトンの入門書にふさわしい1冊としておすすめは何か?」と聞かれたら、躊躇なく勧める本がある。 納富信留『プラトン』(NHK出版)という本だ。 プラトン―哲学者とは何か (シリーズ・哲学の. .H.『古代哲学史』岡野・川田訳 みすず書房 1987 1. -- 東京大学出版会, 1988.

『初期プラトン哲学』東京大学出版会 1988 『ギリシア哲学史』東京大学出版会 1996 『哲学の道 初期哲学論集』創文社 1997 『アウグスティヌス『告白録』講義』知泉書館 『平和なる共生の世界秩序を求めて 政治哲学の原点』知泉書館 ; 翻訳. 田中・水地・田之頭訳 プロティノス全集 全4巻,別巻(総索引). 加藤, プラトン : 『初期プラトン哲学』,「白鳥の歌序説」などをめぐって: 荻原理著: 決定的な時 (カイロス) : 『ソクラテスの弁明』論をめぐって: 田中伸司著: 初期プラトンにおける「善悪の知」 : 『カルミデス』・『ラケス』論をめぐって: 野村光義著.

藤澤令夫編『プラトン』平凡社 1977 2. 初期プラトン哲学 フォーマット: 図書 責任表示: 加藤信朗著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 1988. 出隆著『アリストテレス哲学入門』岩波書店 1972 両書とも手頃なサイズである.始めに編・著者の解説がついているが,先に読んでもよし,後で読んでもよし,ひまなときに読んでもよし,要は翻訳ながらも,とにかく原典に近づくことである.そしてできるなら繰り返し(注をとばしてもよい)読むことである.約2300年前に書かれたものだから,現代離れの感じがするかもしれないが,読んでゆくうちにそ. 『初期プラトン哲学』東京大学出版会 1988 『ギリシア哲学史』東京大学出版会 1996 『哲学の道 初期哲学論集』創文社 1997 『アウグスティヌス『告白録』講義』知泉書館 『平和なる共生の世界秩序を求めて 政治哲学の原点』知泉書館 ; 翻訳 編集. Amazonで加藤 信朗の初期プラトン哲学。アマゾンならポイント還元本が多数。加藤 信朗作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日. 「プラトン『法律』第10 巻903a-905d の、神による魂の再配置の話について」『ギリシャ哲学セミナー論集』Vol.

初期プラトン哲学におけるソクラテス的探求の対話としての構造とその現代的意義 ¥ 3,850 研究代表者 田中伸司 、静岡大学 、 、A4 、1. 科研シンポジウム 「加藤信朗哲学の再検討」のご案内 青葉のさわやかな季節となりました。 今年、88歳を迎えられる加藤信朗先生のこれまでのご研究を振り返り、参加 者で一緒に検討するシンポジウムを開催します。皆様、奮ってご参加ください。. 初期プラトン哲学 - 加藤信朗 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 熊田陽一郎『美と光』国文社 1986 1. 第一修正 小版第3巻末の Addenda et corrigenda 2.

ギリシア哲学が全体としてどういうものであったかを概観する。 第3回:初期自然哲学(1)ミレトス派.

初期プラトン哲学 - 加藤信朗

email: pymoxy@gmail.com - phone:(351) 263-5460 x 6791

密約の獲物 - 北沢拓也 - 勝つための論文の書き方

-> 生きつづける光琳 - 玉蟲敏子
-> おたんじょうびのようふく - 相馬公平

初期プラトン哲学 - 加藤信朗 - ペイジェムマンハッタナーズ


Sitemap 1

196 T’pure(ティーズピュア)2 - 西行の思想 毛利豊史